「快適で愛着を持って過ごせる家を」注文住宅 一戸建ての設計・施工のリビングラボ 静岡県磐田市


ずっと愛着のある家をかなえる3つのこだわり



女性の感性を活かした設計&コーディネート

 Living Labの代表である、私、乗松千代子は女性。女性の感性を活かした、細かな部分にまでこだわった家づくりをお約束いたします。その理由は、そこで長い時間を過ごす、家庭の主婦のみなさんに、いつも元気で前向きでいてほしいから……。好きなモノに囲まれて暮らすことって、やっぱりパワーをもらえますよね。

 私自身も2人の子どもを育てましたが、子育て中の主婦って本当に大変で、自分が楽しむゆとりもなかなか持てないもの。そんな自身の主婦業や子育ての経験を収納や家事動線に活かして提案させていただきます。使ったものをその場所にしまえる「エリア収納」、スムーズな家事を叶える「家事楽動線」に加え、ニッチや照明などディテールにもこだわったコーディネートで、住めば住むほど愛着の持てる家をおつくりします。

キッチンを中心に、洗面所や脱衣所を配置、奥様のスムーズな家事動線を実現
余裕のある収納スペースや、照明などのディティールにもこだわります
漆喰の塗り壁は、柔らかな光の陰影を作り出します
時の経過とともに艶が増す無垢材の床
年月が通過するほど味わいが出る自然素材

 2010年5月、私は友人にガイドしてもらって、フランスを旅しました。いろんなお店、ホテル、現地の方の自宅を伺い、見学させていただきましたが、築50年、100年のお店や家が、どれもこれもみんなオシャレで味わいがあるんです。年月を重ねるほどに味わいが増し、愛着の持てる住まい。「そんな家を提供していきたい……」と、その時、心から思いました。

 ホンモノの無垢材は、キズや凹み、色合いの変化も味になるんですね。フランスの家やお店が長い年月を経ても、とても味わいがあって魅力的なのも、無垢材や塗り壁のやさしい風合いがあるからこそなのです。しかもどちらも呼吸しながら家族の生活を見守ってくれる、安全で上質な自然素材。こうした材料にもしっかりとこだわり、10年、20年経っても、価値が下がらない、持続性のある、ホンモノの家を提供していきたいと考えています。

 


足元があたたか、だけどお財布にもやさしい!

 冷え性なので、冬、足元が冷たい家には住みたくない。床暖房に憧れる!でも、光熱費は少しでも安くしたい!こんな本音をお持ちの女性が実はとっても多いのではないか、とLiving Labでは思ってます。
 住んだ後の快適性。更には少しでも抑えたい光熱費。こうした主婦が求めることを実現するために、Living Labが出した結論。それは、断熱と換気の性能をトコトン高めること。その効果は、夏はエアコンの消費電力を抑え、冬は床暖房を使わないから、光熱費はリーズナブルになります!

省エネルギーはエコロジーになる

 Living Labの家は、従来の一般住宅より電力消費を30%〜40%抑えることができます。そして電力消費を減らすことは、限られたエネルギーを守ることにも繋がります。私たちの子供や孫たちの世代にも、美しい地球を残していきたいですよね?快適性を追求すると、エコロジーにもなる。だからLiving Labの家は、県内トップクラスの断熱・換気システムを採用しているんです。

高い気密・断熱性を持つため、省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房に要する光熱費を削減できます
水で発泡するから家族と地球にやさしい断熱材

 断熱材というと、チクチクしていて吸い込むと健康に悪い!それはもう昔の話なんです。Living Labのお家は、水で発砲するアクアフォームを採用。オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材です。無数の気泡で、細かい部分も隙間なく覆うことができます。だから高い気密性・断熱性が得られるんです。

水で発砲する地球にやさしいアクアフォーム




ロスを防ぎコストを下げる熱交気調システム

 換気システムは、大きく分けて3つの換気システムがありますが、Living Labのお家は、熱交換型の第一種換気システムを標準採用しています。熱交換システムにより、外気をなるべく室温に近い状態で取り込むことで室温への影響をへらし、冷暖房の効率をアップさせます。省エネで環境にも家計にも優しいシステムです。



ロスを防ぎコストを下げる熱交気調システム


さらに住まいを快適にする遮熱高断熱サッシ

 熱の出入りが最も多い窓こそサッシ選びが大切です。冷暖房のムダを省き、効率よく利用するためには窓対策も大切。遮熱と断熱の機能を発揮する「Low-E 複層ガラス」を採用しています。