ブログ

睡眠

2019-06-11

こんばんは、チューズデー佑紀です。

漆喰&ガルバの外壁。

ついに姿を表しました😍

完成に向けていよいよラストスパートに入りました!

皆さん、快適に眠れていますか?

私はどこでもグッスリ眠れる派なので、毎日快適に睡眠をとれていますw

寝室こそ快適に👍

日本睡眠化学研究所によると、人が快適と感じる寝室の温度は、夏で25~26℃、冬は22~23℃と言われ、湿度は50~60%が理想みたいです。

しかし、温度に関しては、冬の場合布団の中が暖かければ室温が少々低くても快適さを保てます。

体が直に暖かさを感じる布団の中の温度は約33℃前後、湿度は50%前後と言われています。

これらの温度や湿度を下回る時、人の体は寒気や不快感を感じて、目が覚めてしまい眠りが浅くなる可能性があります。

そして睡眠不足になると、昼間の集中力低下や体の不調を引き起こします。

また、ホルモンの分泌がうまくいかず自律神経が乱れることで、風邪を引いたり怒りっぽくなったりもします。

寝室の温度環境が悪いだけで、体には数多くの負担がかかってしまいます。

お子さん、奥さん、旦那さん、おじいちゃん、おばあちゃん、ペット。

それぞれ調子が悪かったり、機嫌が悪い時は、もしかして寝室が原因かも!!?

家族円満に暮らすためにも、まずは寝室の快適性を重要視してみることもいいのではないでしょうか😉

では、またチューズデーに!

こちらもおすすめ
BLOG一覧